アクセスカウンター


管理者専用ログイン

いぶすき菜の花マラソン 高取

 
 今回のいぶすきは、6年ぶり多分、5回目くらいでした。
今回は、1月4日に首を傷め、参加を見送ろうかと思ったくらい酷かったのですが、どうにか行くだけでも行こうと決めて、指宿へ向かいました。
まだ少し痛むし、炎症からか少し熱っぽかったんです。
 
大会当日の天気予報は、午前中は曇りで午後は雨。
前日の土曜は、天気予報が外れて、晴れるんじゃ?と思うくらいの陽気でした。
 
しかし、朝起きるとポツポツ来てる。
気温は、11度程あるので、そんなに寒くないかな?
首は、多少違和感があるけど、変に動かさなければ痛くは無い。
でも、最低でも4時間程は濡れっぱなしになる訳で、寒さ対策は必須。
手袋とフリースのイヤーバンド、ウインドウブレーカー着用でスタート。
 
5kmも行くと、手袋とイヤーバンドは暑くて取りました。
しかし、やはり濡れっぱなしで走ると、夏では無いので冷えてきました。
15kmくらいの所で、再びイヤーバンドと手袋を着用。
耳と手、後頭部から首筋に雨風が当たると体温を奪われる。
特にイヤーバンドは大正解でした。
 
今回は、サブ4が目標。
3日前に走ってみた時、7kmくらいで首が痛み出したので、本番は怖々走っているつもりなのに、なかなか良いペースで気がつくと5分/km切ってる。
少し落として、5分20秒/km。
 
あまり無理にペースを落としても、勿体ないので20kmまではそのまま行く事に。
そして、20kmくらいでは、少し余裕のある感じだったので、30kmまでは、体力温存でペースはやや落として、34kmくらいからペースを上げようかと。
しかし、34km地点では、残していたはずのパワーが残ってませんでした。
古い携帯がインジケーターは、さっきまで70%だったはずなのに、いきなり「充電してください。」ってなりますね。そんな感じでした。
 
38km手前でしょうか?温泉街に入る交差点で、止められ1分弱のロス。
あと5m先を走っていれば、止められずに済んだのに、残念。
 
40km手前で、4時間のペースランナーとそれに着いて行ってる集団に抜かれ、必死で着いて行こうとするも、千切られてラストスパートも出来ずにゴール。
 
持って走ってた食券で、ぜんざい、そば&おにぎりを食べ、ふかしイモをペロリと平らげ、完走証を貰って初めてタイムを知りました。
4時間0分6秒。
 
あの時のトイレを6秒短く済ませていたら、
交通整理で止められた時、あと5m先を走っていたら、
最後になんでラストスパート掛けなかった?
とかモヤモヤしてましたが、グロスでは4時間切れてませんが、ネットでは切れてるんだなと、少し納得しました。(計測してませんが。)
 
来年は、坂道の練習をもっとやってから望みたいと思います。
天気は、あれでも悪くないかな(笑)。
 
高取

記事編集協力者のお願い

 本サイトでは、記事編集者を募集しております。
佐賀県トライアスロン協会の方に限定させて頂きますが、ご協力頂ける方は、ご連絡ください。
メールにてよろしくお願いいたします。
管理人:高取