アクセスカウンター


管理者専用ログイン
 金峰三山山岳マラソン   2013・11・3  大坪
 
大会参加には普段は前泊ですが、翌日(11月4日)熊本で九州ブロック会議出席
の為3日を熊本泊にし、大会当日5時30分に佐賀を出発、7時頃着きました。
出る時は降っていた雨もあがり、受付の知り合いに挨拶をし、沢山の参加賞を頂き
ました。
A(42キロ4山)B(34キロ3山)C(16キロ1山)ウォーク(13キロ)
コース一斉スタートです。
途中長崎協会のUさんに会い、13回参加のベテランなので色々な話をしながら
またレースが練習などと言いながら引っ張ってもらいました。
小萩山(この山は山に数えないそうですが、私は数えます)
の登山道に入ったら一列でみんな歩き、少し平な所は走る、という感じです。
昨夜からの雨で登山道は滑ります。
山頂に着き、このエイドではUさんに「ここでおにぎりを食べてたほうがいいよ」
「後のエイドでは残っていないかも・・・」と言われ、おにぎり、バナナを食べ
下っていきます。ここでUさんとはお別れ~
しばらく舗装道を走り、次の学校区(ここで10キロ)のエイドでもおにぎりを
もらい、いよいよ三の岳登山道に入ります。
山頂目指し岩に手をつきながら登っていきます。
ナンバーコールを受けやっと山頂に着き、ここのエイドでは梅干しの紫蘇しか
残っていませんでした。
二の岳まで一旦下り、速い選手は走って降りますが、私は慎重に降りて行きます。
山頂までは丸太で階段を作ってあり、歩幅があわずこれが結構きついです。
山頂に着き、晴れていたら廻りの景色は最高でしょうね。
この下りも慎重に降りて行きます。
集落に降りて、後は学校区(20キロ)まで戻ります。
途中美味しそうなミカンの木が沢山、それも鈴なりで、柑橘の匂いが気を紛らわせ
てくれ、学校区エイドに着きました。
お腹が減っていたのでおにぎり4個、フルーツポンチをもらい、スタート。
ここから残り14キロ。道路に工事用の数次が100M?置きに書いてあり、それ
を目安にしながら残り○○と・・・
アスファルト道の下りは膝に爆弾を抱えてる身に堪えます。
会場近くの坂にさしかかり、ゴールした方が「この坂は後200Mで終わり、
がんばれ!がんばれ!」と励ましてくれ、「はい!はい!」と答え
でもその坂の先に陸橋が・・・もうよれよれですが腕を振り、「もう少しもう少し」
と心の中で言いながらゴールめざします。
 
ゴール!!  5時間36分(54/83  女子14/23)
 
今年は「阿蘇ウルトラ」「伊都国100」と歩きが入り関門にかかったり、ショート
カットしたので、今回は山の中以外は歩かないが目標だったので大満足です。
林道・コンクリート道・アスファルト道・石ころ道7割、トレール3割かな?
 
この大会スタッフは知り合いが多く、初参加とは思えないほど余裕があり、
エイドで山頂でお世話になりました。
 
この後は温泉に浸かり足などを揉み解し、1週間断っていたビールで乾杯。
 
トレランは山の中では小鳥のさえずり、自分の息つかいだけが聞こえる世界
無になれるトレラン大好き!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

記事編集協力者のお願い

 本サイトでは、記事編集者を募集しております。
佐賀県トライアスロン協会の方に限定させて頂きますが、ご協力頂ける方は、ご連絡ください。
メールにてよろしくお願いいたします。
管理人:高取