アクセスカウンター


管理者専用ログイン

 

金立-日の隈ラン(◎練習会レポート)

9月9日() 午前7時開始(健康運動センター発着)21キロ予定の練習会を行いました。

○参加者 5名

○天気 くもり

柳川さんの伴走を先週佐渡で年代別5位入賞の渡邉先生が担当。唐津からは,トライアスロンの魅力にどんどん引き込まれている初心者アスリート幸子さんと久保(筆者)が参加。そして,下関海響マラソンでフルに初挑戦を予定されているランナーの田中さん(佐賀市)も参加されたことが嬉しかったです。

コースは,金立インター経由で高速道路の側道を日ノ隈公園目指して約10.5キロ,往復21キロの予定でしたが、急きょ日の隈山に登ることになり、24キロランになりました。みんなの感想です。

日の隈山にて(幸子さん撮影)

 

○参加者の一言感想

 ・柳川さん「21キロの予定でしたが24キロも走りました。それでも、楽しく完走することができ、練習後のおにぎりがおいしかったです。」

 ※最後まで日の隈山に登ることを嫌がっていた柳川さんでしたが、登り始めるとスピードを出して、あっという間に登頂しました。さすが。

 ・渡辺先生「24キロのアップダウンコース。秋の気配を風に感じながら、皆さんと一緒に気持ちよく走れました。日の隈山からの眺めも爽快でした。走った後のおにぎりの味は格別でした。」

 ・田中さん「とても自分には走破できないと思いながら参加しましたが、皆さんと会話をしながら楽しく走らせていただき、苦しさも乗り越えて完走できました。達成感でいっぱいで、次の練習会が待ち遠しいですね。参加すると友達が増えるのも最高です。」

 ・幸子さん「独りだとくじける距離でしたが、皆とお喋りしながらのランだと、楽しくてケロッと走れました。←遅いけどね。また是非参加希望でーす。」

天気も崩れず、少しおしゃべりが多かったですが、楽しく完走することができました。これからも定期的に実施して、参加者が増えると嬉しいです。次回も案内を載せます。      久保ひ

 柳川さんは9月29日(土)・30(日)神奈川県横浜市で開かれるITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会のうち、
 30日(日)、2016年リオデジャネイロパラリンピック正式競技となったパラトライアスロン部門に出場されます。
頑張ってください。
今後の練習会では、是非、柳川さんの伴走も参加者で交代しながらお願いします。
4年後のリオデジャネイロを目指す柳川さんを、佐賀県アスリートで応援していきましょう。

 


 夏の北海道2連戦   脇田 達司(鳥栖地区)

 
こんにちは。鳥栖地区の脇田です。
今シーズンは3月の南さつまデュアスロンからスタートしました。
6月からは9月までは中3週間でずっとレースが続いています。

8月は
夏の北海道の2レースに参加してきました。


8月5日の「大雪山忠別湖トライアスロンinひがしかわ」ですが
会場は北海道の真ん中 旭川市から車で1時間弱にある東川町忠別湖が舞台です。
レース当日は大会始まって以来の雨。
気温も19℃で「暑さとの戦い」でなく「寒さとの戦い」でした。
スイムはスタートで失敗し心拍が急に上がってしまい
あわててコースロープに掴まるアクシデント…。
バイクは片道6.5kmを3往復。
往路が下り、復路が上りのコースでした。
やはり坂が苦手な私…。上り坂ではグダグダでした…。
ランは1周3kmあまりを3.5周回。
バイクでのダメージがなかなか抜けないまま走り出すけど
それなりにごぼう抜きしたつもりだったのですが…。
昨年は取れたJTUの年代別ポイントも今年は取れませんでした…。

(写真左)九州・沖縄から7人のエントリーがあり遠来賞をいただきました。地元東川町の特産品でした。
(写真右)レース後のパーティーは北海道ならではのジンギスカン。

そして3週間後の北海道マラソンは日本でも少ない夏のフルマラソンです。
大会前々日に札幌に入り、
前日には新コース部分の下見をしたり、EXPOなども見に行って
大会の雰囲気を楽しんできました。

今年からスタートが9時に繰り上がりコンディションもいいだろうと思っていたのですが、
スタート時に28℃ 55%(大会組織委発表)で
「これじゃぁ飯田高原での練習と同じやん」と思いつつ走ってきました。
この1カ月間、練習も思うように行かず、
体調も思わしくなくスタートラインに立てるかどうかという感じでしたが、
無事に完走できました。
今回は自分のために加え所属しているクラブチームのメンバーさんのペースメーカーもやりました。
(スタート直前に目標タイムが一致して、「じゃぁ一緒に走りましょう」となりました)
普段は一人で走ることが多いのでチームの力で走った42.195kmだったと思います。

夏のフルマラソンはめったに経験ができないのと
秋から冬にかけての大会に向けてのいいきっかけづくりになるかと思います。
ぜひチャンスがあれば夏の北海道を走ってみてください。
(写真上)41.5km付近の北海道庁赤レンガ庁舎
(写真下)スタート地点の大通西3丁目。
 

 大会レポートではありませんが・・・
                         久保 直人
 7月1日(日)玄海TC主催の芦屋練習会(芦屋海浜公園スタート・ゴール)に参加しました。

以前はスイム2㎞、バイク100㎞弱、ラン21㎞でハーフアイアンマンで実施されていましたが、
ここ数年はスイム2㎞、バイク60㎞、ラン16㎞の「玄海ディスタンス」で毎年7月の第1日曜日に開催されているようです。

 必ず子守(7歳+4歳がいます。)が必要な我が家なのでリレーで参加。
30分位は砂浜で大丈夫だろうと、夫婦共にスイムスタートしバイクが私で、ランが妻の予定。
まずオープニングのスイムでフロントを取ることが目標で、
最大のライバルは最近少しスイムの調子があがってきた妻とおもわれましたが、
スタート直前にゴーグルが壊れたと言いだしまず脱落しました。
 スイムは芦屋海浜公園の海水浴場の隣を利用した、1周回1km×2周です。
以前参加していた頃の印象ではテトラ内で波の影響を受けにくい泳ぎやすいコースだったのですが、
虹トラ大会同様、自然の力には逆らえず、今日は高波のため1kmで終了になりました。
(個人的にはもう1周行きたかったのですが…)

先日の虹トラ大会前日に開催したトライアスロン講習会で講師の説明を聞いていて、
自分ならどう説明するか考えていたときに、ふと思い出した高波の切り抜け方を実践したところ、
第1ブイまでに簡単に前にでることができました。自分の引き出しの中に深直ししていてはだめですね。
序盤のリードがものを言いそのままトップでバイクに移れました。
 バイクコースには昔トライアスロンレースが華やかに開催されていた頃、
春の天草と並び行われていた、
夏の玄海「オールジャパントライアスロンin玄海」のスイム会場付近を通過する非常に懐かしいコースです。
20年以上トライアスロンを続けている方には特に走ってもらいたいコースです。
(今日は非常に風が強かった。)今日は後輪ディスクに前輪はコリマの4スポークをセットしていたのですが、
風を見て弱気になりキシリウムに変更しました。レースでは風より信号に悩まされ
(特に序盤)バイクフィニッシュ直前の赤信号で追いつかれましたが、最後意地で前にでてなんとか先頭で妻にタッチできました。

 ランは芦屋海浜公園内のたぶんサイクリングロード(だと思います。)を
1周約5.3㎞の3周回です。(やっぱり風が強かった。)
 妻が2周走り、一人抜かれただけで踏ん張ってましたが、最後1周だけを、
せっかくなので走らさせてもらいました。約5.3㎞を19分30秒くらいで走れまずまずです。
来週の長崎大島大会一般の部は是非総合優勝したいと思います。
 ※玄海TCではこの大会の他、デュアスロン、アクアスロン、遠泳など様々な練習会を企画されてます。
楽しそうなのでぜひホームページを覘いてみてください。
 
 

 

 

記事編集協力者のお願い

 本サイトでは、記事編集者を募集しております。
佐賀県トライアスロン協会の方に限定させて頂きますが、ご協力頂ける方は、ご連絡ください。
メールにてよろしくお願いいたします。
管理人:高取